親子喧嘩から社長に。

私は30歳と8日目で社長に就任しました。正直に申しまして自分でも予定よりも

かなり早いと思いました。創業社長なら20代の社長も珍しくはありませんが、

弊社は花屋としては私で4代目。葬儀社としては2代目という歴史があり、

そろそろ老舗と名乗っても怒られないくらいの歴史になっていました。

そのような背景の中での社長交代。実はこれほど早くなったきっかけは

あることで揉めた親子喧嘩からだったのです。



私が28歳の時、当時GL(グループリーダー)という役職であり、世間の会社で

いえば総務部長的な仕事をしていました。先代である父は長年、自分が

強力なリーダーシップを発揮して部下をグイグイ引っ張っていくタイプの

経営者で(創業社長にはこのタイプが多い)組織は「社長と部下」という

組織でした。いわゆる中間管理職というものは全く不要でした。

カリスマ的な要素を持ち合わせていましたし、家族経営から会社経営と

家業から企業に成長させた功績を考えるとそれが一番正しかったのでしょう。

しかし、当時、長年会社で働いてくれる社員が皆無でした。

社員の会社に対する不満を聞いている内に、原因が何か解ってきました。

それは入社一年目の社員と入社10年目の社員の基本給が一緒であった

ということです。つまり給与が同じだったのです。社長が親や社員が子で

ある以上、長男も次男も三男も親として平等に接するという考え方が当時の

社長の考え方でした。「社長と部下」という組織の象徴でした。

もちろんこの政策の良いところもあるのですが、当時は入社1年目の社員に

対して「給与が一緒なんだからもっと働け」といっていじめたり、

給与が上がらないから憂う、将来のことに対する不安が中堅社員以上に

蔓延していました。

結果、5年以上在籍をすると辞めていく社員が後を絶ちませんでした。




私は修業ということでサラリーマン経験を三年させて頂きました。

その経験で思ったのはサラリーマンというものは同僚の給与が非常に気になる

という心理です。たとえ1000円でも後輩社員よりも多く貰っていないと気が

済まない。同期の社員との給与の格差はショックを受けるのです。

その体験をした私からすると基本給が入社10年目の社員と一年目の社員と

同じということはあり得ないのです。

そのことを先代に改善の進言をしました。しかし、「社長と部下」という組織の

観念から、また長年の慣習からなかなか受け入れて貰えません。

いつしかこのことが原因に喧嘩になってきました。

「そこまで言うのなら、おまえが社長になってからやれ」

「おうやったるわ」

というまさに売り言葉に買い言葉で30歳で社長になることになって

しまったのです。

今から思えば、先代は事業承継のタイミングを狙っていたところに、私が

まんまと嵌ってしまったのかもしれません。

それはそれで、結果オーライでした。結局のところ、前述の給与の問題は

私が社長に就任と同時に基本給の改革をして今に至っています。

同時に「社長と部下」という組織から課長・係長・主任という役職が新たに

誕生し、中核を担う社員がそれに就き結果的に給与を若手社員との差を

作ることに成功しました。



事業承継と一言で言いますが、本当に難しいものです。

一番危険なのは受け継ぐ方が「やらさせてやってやる」という気持ちで

受け継ぐこと。これは絶対に失敗します。

その点、私の場合は喧嘩という手法が良かったのかということは別にして

言い切ってしまった以上、絶対に逃げられない状況を自ら作ってしまったのです。

「だから社長を辞められないのです(笑)」

結局のところ、先代からの良いことは引き続き継承していく。先代の悪いところは

思い切って変えていくという気概がなければ、船出から沈没してしまう危険を

孕んでいるのです。





















» 親子喧嘩から社長に。

始めはやる気のなかった葬儀の仕事

葬儀の仕事を志して早20年近くなりますが、始めは葬儀という

仕事をやる気はなかったのです。

以前、インタビューを受けた記事がそのあたりことを分かりやすく

まとめてありますので、引用します。


■卒業して、就職活動はしたんですか?

●葬儀屋はやる気なかったんです・・・って言ったら怒られるけど、親父には、やる気がないのに継いでほしくないって言われてましたし、やだとは思わなかったけど、自分の人生じゃないですか、だから好きなことやりたいって・・・青臭かったんです。

■好きなことというと?

●電車が好きだったので、鉄道関係の会社も受けました。
名鉄です。見事に落ちましたけど(笑)。
何社か内定をいただいてたんですけど、中でも行きたかったのは、当時の日本道路公団。
なぜか最終までいきまして、ほぼ内定というところまでいったんですが、ちょっととある事件で、不採用になっちゃったんです。

■とある事件とは?

●僕長男坊じゃないですか。で、会社はその頃もうそこそこ大きくなっていて、身辺調査でそれがバレちゃったんですね。
近所の人に、この人どうだと聴くんです。
聴かれた中の一人にうちの母がいて、ホントのことしゃべっちゃった。
「長男さんだから、ゆくゆくは会社を?」と聴かれて、「そうです」と言っちゃったんです。
でまあ、ギリギリのところで落ちちゃいまして。

■お母さんの一言がなければ人生また変わっていたかもしれませんね。

●そうですね。あれ受かってたら僕は一生葬儀屋をやってないと思いますし、今頃サラリーマンですね。

■落ちちゃって、その後どうされましたか?

●もう、バカバカしくなって就職活動はやめて(笑)、どうしようかと真剣に考えてたときに、父親の人脈を垣間見る機会がいろいろあって、すごいな、と。
サラリーマンだったら絶対にない人脈で、これを継いだら人の役に立てるかもしれない、やるしかないな、と思った。
ころっと変わっちゃたんです。
で、「オレ葬儀屋やるわ」と親父に言いました。
そうしたら、急遽修行先を見つけてきてくれました。

■名古屋の葬儀屋さんで、修行はどのくらいされたんですか?

●3年間ですね。

■3年間で終了ということで、いろいろやらせてもらったんでしょうか?

●いろいろというか、がむしゃらに現場でした。
当時はなんでこんなに大変なんだーと思ってましたが、今思えば、現場を徹底的に知らなきゃ経営者にはなれませんから、よかったと思います。

■病院へご遺体をお迎えにいくところから?

●そう、病院付属の仕事もありましたね。
大きい病院だと1日に何回も亡くなるので、病院にこもりきりという日もありました。
白衣を着て、病室から霊安室への搬送だけ何回も、という仕事もやりました。

■もちろん初めての経験なわけで、いたたまれなくていやだとか、そういうことはなかったですか?

●確かに、初めは怖かったですよ。
でも、仕事だと割り切っていましたので、いやだとは思いませんでした。
いろんなご遺体を扱っていましたので、それこそ もつなんかは食べられませんでした。
100人いれば、100とおりの死に方があって、人の最期って、その人の性格が出ますね。
お顔でどういう死を迎えたかがわかります。
どういった病気で、ということまで聞かなくてもわかります。
どの部分が悪かったかも、だいたいわかります。
また、殺されてしまった人は、殺されてしまった人の顔をしていますし、自殺の人は、自殺した人の顔をしています。

■葬儀が終了するまで、いろんなドラマがあるんでしょうね。

●それはもう、日々ドラマです。
お客様の秘密にふれることですので、語れませんが、いろいろあります。
家族が仲いいとか悪いとか、女性のパワーが強いとか、おばあちゃんがすべての実権を握っているとか・・・。
葬儀屋くらいですよね、お客様のご自宅へお伺いして、台所まで入っちゃうのは。





やる気のなかった仕事でも、ある日を突然に何か感じその世界に入っていく・・・

私自身もそんなことの体験者だったのです。

ただ、振り返ってみるとそれは偶然ではない気がします。

子供の頃から父親に帝王学を知らず知らずの間に叩きこまれていたいたと

言ったほうが正しい表現だと思います。

私の経験から言うと帝王学は生まれた時からスタートしているのです。


» 始めはやる気のなかった葬儀の仕事

ご挨拶

この度、 

「会社を潰さない事業承継のポイントブログ」

を開設する運びとなりました。

私は昭和29年に「三浦生花店」として創業し、現在は

株式会社フューネという葬祭業を核に事業展開する企業体の4代目です。

2005年10月に30歳という年齢で社長として代替わりをして

ちょうど10年目を迎えたタイミングでこれまでの事業承継に関する

様々な出来事を発信していくことに致しました。

加えて、会社を経営する上でお悩みの同世代の経営者から

経営の勉強会を開いて欲しいというリクエストを多く頂き、

年明けの2016年の2月より経営の勉強会も定期的に開催する

ことに致しました。

日本の社長さんの平均年齢は57歳と言われる中では40歳の私

はまだまだ若手の社長の部類に入ると思いますが、創業者ではない

私がこの年で社長歴10年のキャリアがあることは強みです。

これまでに事業承継に関してこれまで決して公開できなかったことも

このブログを通じてお披露目できたらと思っています。

メインブログである「感動葬儀。ブログ」を主に書いていきますので

一か月あたり2本から3本くらいの更新の頻度で考えていますが、

どうかたまには覗いて頂ければ幸いです。


平成27年12月7日
株式会社FUNE
代表取締役 三浦 直樹



» ご挨拶