会社は民主主義ではない。

「会社は民主主義ではない」

という言葉は私が社会人なった最初の研修で講師に教えて頂いた言葉です。

民主主義国家の日本において、物事の決め事はみんなで話あって決めるという

民主主義の大原則に疑いを持たなかった21歳の私にとって、それはそれは衝撃的

な言葉でした。

実際に社会人として社会に出てみるとその意味が解ってきました。

例えば賛成8割といった企画案が残りの2割の中にいる一部の権限を持った人の

意見で反対で企画が通らないといったことは日常的に起こります。

社長の一存とかオーナーの一存で9割9分段取りしていたことが一瞬の間に無駄に

なってしまうことの理不尽さも会社という組織にはあるものです。

ですから、権限を持っている人の出来不出来が会社の業績や行く末に大きく影響

を与えるという危険性を孕んでいるのです。

出来の悪い人が会社のトップになるという事業の継承をもししてしまったら、

これまで業績の良かった会社も一瞬にして倒産の危機に陥るといった事態に

なります。本当に怖いことです。




しかしながら、特定の人物に権限を集中することは何も悪いことばかりでは

ありません。会社のオーナーの権限の強い経営、すなわちオーナーシップ経営は

時代の流れが恐ろしく早い現代において対応するのにスピード感が求められるのに

最適な方策のひとつです。

オーナーの一存で素早く決断することによって同業他社を引き離すことも

できるのです。




日本の中小企業の大半はオーナーシップ経営であり、合議で物事が決まることの

方が少数です。結果的に取締役会の合議や各部署の調整や稟議で決まる大企業

と比べてとても小回りが利きやすいのです。

この利点を最大限の武器と捉え、理解し実行できる企業がこれからの時代の勝者に

なっていくはずです。

その為には後継者の経営能力を磨くことに全力に傾けなければならないのです。

会社は民主主義で動いていない以上、生死を分ける程の重大な要素なのです。






» 会社は民主主義ではない。

心・技・体

「心・技・体」という言葉はよくスポーツの世界で使われます。心(精神力)と

テクニックである技と体そのものの体力の三本柱が大切であるということ

を表現している言葉です。



実は経営にも「心・技・体」が肝要であり、大切な順番も心・技・体の順番

なのです。

経営者と磨かなければならないのはまずは心であり、心の勉強をしない

のは非常に危険です。営利を目的としている団体の長として心が伴って

いなければ、単に団体の目的である「営利」に走ることになり、金儲け主義

拝金主義といわれることにもなり、自社の社員も人として見ることが出来なく

なれば、いわゆるブラック企業と世間が批判するにもそう時間はかからない

でしょう。心の勉強は本来一番最初にしておくべきものです。



しかしながら、学生の時から「経営」を学ぼうとすれば間違いなく「技」の部分

の勉強が中心になってしまうのです。経営学の理論や経営上のテクニック

などを机上論で覚えることになってしまいがちです。もちろん将来的に経営者

を目指すならば、これはこれで大切ですが、それよりも大切な部分はやはり

心の部分なのです。

多くの創業者というものは最初から経営者になろうとおもって会社を興した人

は事は少ないのです。自分のやりたい仕事をする。儲かりそうだからやる。

世の中に役に立つからやるといった動機です。そのような場合、目先のお客様

の対応や仕事に精一杯である為に意外に技の部分に対し無頓着な経営者が

多いのです。そのような方は少しだけ経営のテクニックを覚えることが大切です。



最後に体の部分ですが、これはやはり何と言っても健康でなけれないけません。

さらに体力というと単に力持ち、タフネスということでなく、仕事をしている間の

集中力や金銭面での体力も必要でしょう。



以上のように「心・技・体」のすべてが重要なのですが、順番も大切なのです。

2代目以降の経営者は創業者と違い最初から「経営者」になる訳ですから

特に順番を守って教育することが大切です。

間違っても気合い(体力)だけで経営課題のすべてを乗り切ることは

できませんし、テクニック(技)だけでは人は簡単にあなたを見透かします。



後継者にバランスよく「心・技・体」を教えるには何と言って同業他社に

修業として数年行くことが理想です。

働く人の気持ちも共感でき、同時に仕事のスキルもあがり、さらに同僚との

競争で磨かれる体力は他の方法ではなかなか得ることでできないのです。

しかし、それだけでは真の経営者としては足りません。

ですから、「心」を教えてくれる団体に所属したり、経営者のテクニックを教えて

くれる塾に通ったり、経営者団体に入会し体力をつけることをお勧めするのです。







» 心・技・体

決算書が解るまで

社長になるということは様々な覚悟が必要であるのですが、それ以前に

経営者として必要なスキルを磨いておくということが本当に重要なのです。

社会人として漢字が読める、足し算・引き算などの計算が出来るといった

ような基本的なスキルの中で経営者としてどうしても必要なスキルは

「決算書が理解できる」

ということです。決して「決算書を作成する」というスキルを求めているのでは

ありません。もちろん、作成できるというスキルを持てれば良いのですが、

それは経理担当者や税理士などの専門家にお願いすれば済むことですから。

私が知っているいわゆる社長と呼ばれている人々の中で、決算書を理解

できていない社長さんが多いのには正直、びっくりするのです。


社長の仕事は毎年、毎年の決算を行い一年の企業の活動を対外的に

報告する義務は法律でも定められています。ですから知らないとは絶対に

言えないのですが、貸借対照表と損益計算書の見方すら理解していない

社長さんがいることも事実です。

いわゆる財務諸表と言われるのは貸借対照表と損益計算書の二つを

指すのですが、どちらが重要でしょうか?

答えはどちらも重要です。


損益計算書はその年に儲かったか儲からなかったを判別する言ってみれば

通知表みたいなもの。貸借対照表はそれまでの歴史を積み重ねた財産目録

みたいなものです。

銀行がお金を貸すときに重要視するのは儲かっているか儲かっていないか

という要素ももちろん大切ですが、貸借対照表に表現される企業の歴史が

特に重要です。これを他の言葉で表現すると「与信」という言葉になります。



私自身、社長になった時は簿記の資格や財務諸表の分析の仕方を

学生の時に勉強していても決算書が解りませんでした。

見方が解ってそれを的確に分析し、次年度の経営に反映できなかったからです。

やっと見方が解ったと思えたのは社長になって3年目くらいからでしょうか。

決算書は机上論だけでは解らないものなのです。

経験がものを言います。

ですが、基礎知識は机上論で、その上に経営の経験がなければ決算書は

解らないのです。

解るようになるまではどんなに社長歴が長い社長さんでも半人前なのです。

» 決算書が解るまで