社長一年目の苦悩 その1

私が社長に就任したのは30歳でした。

※社長になった経緯は「親子喧嘩から社長に。」をご覧ください。

創業社長でも私が30歳で社長になったことは私たちを知る社外の方々にとって

大きな驚きでした。当時の私は一言で言えば「未知数」だったのです。特に社外の

皆様にとっては経済団体へもデビューをしていませんでしたので、地域の経済界

にとても無名でした。つまり、どんな奴かもわからない奴がいきなり社長になって

しまったのです。

逆に父親は地元の政財界では有名人でした。一代で会社を大きくした実力もあり、

その実力を買われて政治のお手伝いや経済団体の役職を歴任してきましたから

会社のネームバリュー以上に個人のネームバリューのある人でした。

社長交代をした時の父の年齢は56歳。まだまだ現役バリバリの体力と知性は

当然あったのです。

ですから、本当に本当に多くの方からこう言われました。

「フューネは会長が院政を敷いている」




実際のところは噂とは全く逆でした。

父は会長就任にあたり、まず私に言ったことは

「代表権はいらない」と。

つまり、代表取締役会長ではなく、取締役会長で良いと。

会社では代表権は新社長である若干30歳の私のみでした。

代表権の所有者が一人ということは権限がすべて集中することであり、

聞こえは良いのですが、つまりは「責任はすべておまえだ」ということの他

なりません。正直「重荷」です。というよりも実力以上に重たすぎました。

このことをお取引のある銀行に報告すると支店長が血相を変えてきました。

新社長の信用ではお金を貸せないということの内容でした。

これが私の実力でした。「くやしい」という感情でした。

おそらくその時に味わったくわしさは生涯忘れることはないでしょう。

しかし、実績0の新社長の評価としては当然です。

私の事業承継の原点で(意図的に?)ここまで徹底して自分の実力を

教えてくれたのです。




新社長になったその日からどこに行っても私が父よりも上座に座るように

なりました。こういうことに本当に父は徹底していました。

当然、「社長とは」という自覚が私に生まれてくるのには時間は

かかりませんでした。

しかし、実力はまだまだ未知数。。。

「院政を敷いている」という世間の噂を打ち消すすべは知りませんでした。

悔しさとトップの自覚を同時に教えてくれた父親はやはり偉大です。

普通はここまでは出来ないですよ。

しかし何はともあれ社長になったばかり。

今から振り返ってみると苦悩の始まりの合図だったのです。


















» 社長一年目の苦悩 その1

後を継いではくれないもの

最近、複数のお取引企業から「廃業」のご挨拶を頂きました。中には創業50年を

超えた老舗企業もあり、こちらが廃業の知らせに驚くばかりです。

廃業を決めた企業は決して業績が悪いという理由ではないところが本当に残念

なのです。なぜ廃業を決意されたか聞いてみますと大方が「後継者がいない」

という理由を教えてくれます。どんなに業績が良くても、後継者がいないという

理由だけで廃業をしなければならない現実はこれまで頑張ってきた人にとって

さぞかし、無念なことでしょう。同時に後継者がいないからと言って会社を身売り

した同業者も最近は多くなってきました。本当に継続をすることの難しさを痛感

させられます。




多くの中小企業の経営者は「できれば自分の子に会社を継いで貰いたい」と

思っています。当然のことながら、子供が小さい頃から何等かの帝王教育や

「将来はこの会社を継ぐのだぞ」という言い聞かせをしているのです。

しかしながら、後継者にとっても進むべき人生の道は様々な外的な要因に

よっても大きく左右されます。

能力という点において考えてみても、社長としての基礎能力が無いという欠点

で後継者から脱落することもあれば、能力が高すぎて他の仕事で充分に成果

を出して後継者になれないと言ったことが往々にしてあるのです。



そして何よりも後継者にとって継ぐべき企業が魅力的でなければ絶対に

事業承継はありえません。借金まみれな会社、業績の先行きが見通せない会社、

人間関係がギクシャクしている会社などには後継者として名乗りを上げることは

火中の栗を拾うようなものです。

会社を継続させる為には「魅力的」であることは本当に大事なことなのです。




事業承継がスムーズに行ったケースというのは今の時代、本当に様々な幸運が

重なって初めて起きる事象だと思うのです。私の場合も「奇跡」といっても過言

ではないケースです。

ただし、奇跡を起こすことは偶然ではないのです。

奇跡を起こす為の「準備」があって奇跡は起きるものであり、「準備」をすること

を怠った会社には絶対に奇跡は起きないと思うのです。

ですから、「準備」を手順通り行っておくことが重要であり、すべての成功の秘訣

なのです。なぜならば、「継続することは未来への前進」であり、奇跡が新たな

奇跡を呼び起こしてくれるからです。








» 後を継いではくれないもの

自分のインフラを意識する

私のメインブログ「感動葬儀。」ブログ、2014年4月20日付ブログ記事

「社長のインフラ」で書いたことですが、

「社長に必要な13のインフラ」というものがあります。

13の項目は以下の通り

1.法律 2.経理 3.英語 4.人事5.情報技術(IT)6.財務 7.製造 8.品質 

9.営業 10.総務 11.プレゼンテーション 12.一般教養(とくに歴史) 

13.マーケティング

特に1.2.3の三項目は大事だということです。

一企業の社長が備えるべき基盤はとてもたくさんあり、3年くらいの修業では

なんともならないものです。

つまりは一生勉強であり、勉強をしたからと言ってそれで良いというものでは

なく、絶えず新しい情報を仕入れておかなければならないものなのです。




コンプライアンスの重要性が叫ばれている昨今では法律を知らなかったという

言い訳は企業としては最早できません。

そして、国内だけの商取引だけでなくなってしまっている以上一定レベルの

英語力は必要でしょう。今は幼稚園児でも簡単な英語はしゃべれる時代ですから。



うちは会社が小さいからなんてことも関係なくなりました。

例えば運送会社などはどんなに小さな会社でも大企業の製品を運ぶならば

ISOの取得が求められますし、お取引先の会社が海外に事業を拡大する

ならば、一緒になって海外の拠点を作らなければ仕事そのものが消滅して

しまうのです。

例え、社員がいない会社でも社長は社長。

社長のインフラは兼ね備えていなければなりません。




社長のインフラとはブログ記事「心技体」で述べた仕訳からすると

「技」の部分になります。

技は磨くことでさらに進化をしていきます。

進化をすることで社長として最低限求められるレベルに達するならば、

事業承継はスムーズにいくはずですし、会社を渡す側としては安心です。

もちろん、技だけで社長業ができるほど簡単なものではありませんが

能力は事業承継の土俵にあがる為の最低限度の資格要件なのです。




» 自分のインフラを意識する