祖業

葬儀社であるフューネの祖業は花屋です。

辞書によると祖業とは「祖先が始めた事業。」「今日まで祖先から

受け継いできた事業。」とありますが、まさに事業承継を無くして祖業の伝承は

ありえません。世界一の企業といっても間違いない、トヨタ自動車の祖業は

自動織機(無停止給糸機能)を発明し、豊田自動織機という会社が前身です。

今でも株式会社豊田自動織機としてトヨタグループの中心企業として存続して

います。しかしながら、祖業である自動織機で会社の屋台骨が確保されている

訳ではありません。自動車関連の事業にシフトしていることは多くの方が知って

の通りです。規模の大小は違いますが、フューネという会社も花の売上よりも

葬儀の売り上げが圧倒的に大きくなって今日まで発展しています。




そもそも、花屋であるフューネが葬儀の事業をやることに至った経緯は

「花を売る為」なのです。葬儀業に参入すれば、本業である花が今よりも

たくさん売れるという見込の中で今後、花屋だけをやっていくことで先細って

いく未来を憂いての参入でした。

どんな事業においても栄枯盛衰があり、時代とともに業態を変化して

行かなければ生き残れません。会社を潰さない為には絶対に重要なことです。




会社が発展をして、祖業のことを忘れることが多くあります。

特に大きな企業であればあるほど、祖業のことを知らない社員が増えていきます。

どんなに発展しても祖業のみをやっていた頃のアイデンティティーを踏襲している

企業がほとんどなのに、祖業の存在すら知らないではうまくいくものも、うまく

行かなくなってしまうのです。




後継者にとって「祖業」を大切にする心、そして、先祖より受け継いできた精神を

継承して行くことがとても大切であり、事業承継の本質であるはずです。





» 祖業

幸運の女神さま

幸運の女神様と呼ばれる神様がいます。

ローマ神話に伝えられる神様でフォルトゥーナ(Fortuna, フォーチュナ)と

呼ばれ、運命の女神と言われています。運命の車輪を司り、人々の運命を

決めるのです。

幸運の女神を掴めることの出来る人はスケジュールに余裕のある人だと

言われています。スケジュールに余裕があるほど、仕事などの社会生活を

毎日忙しくこなしていると、気づくことが出来る心の余裕が無くなってしまう

ことは確かなことでしょう。ですから、趣味を持つことは良いことです。

事業を承継する次期経営者は基本的なスキルや経験を身につける為に

仕事を一生懸命することは当然のことですが、やはり、仕事人間ではダメ

でしょう。忙しくとも自分の世界(趣味)を持っていることが大切です。




前述の幸運の女神様は前髪はあるが、後頭部に髪の毛はないと言われて

います。ですから、幸運の女神様を自分の前を通りすぎる時に、一瞬で

掴まえないと二度と掴まえることは出来ないと言われています。

成功する人と成功しない人の違いはこのわずかな一瞬を勝ち取る人か

そうでないかの違いだと思います。

本当にわずかな差なのですが、結果は決定的に違ってくるのです。



事業承継においてのチャンスはいつでも良いという訳ではありません。

むしろ、事業承継のタイミングなんて「一瞬」です。

タイミングを間違えれば絶対にうまくいきません。

継承する側、される側の双方のタイミングも大切ですが、社会情勢や

会社を取り巻く事情も大きく影響します。

一瞬のタイミングを逃すことで、事業承継のチャンスを失って、高齢に

なっても辞めたくても辞められない社長さんが多くいらっしゃいます。




幸運の女神様を味方にすることが経営者としても人間としても大切な

ことなのです。

» 幸運の女神さま