負け戦から学ぶ

映画やドラマの場合多くの結末はハッピーエンドです。

多くの人々は結末が悲劇で終わることを望みません。「ピーク・エンドの法則」

というものがあり、「エンディングの印象が経過時間のすべての想い出の形を

作る」というものです。

つまり、終わりよければすべて良しであり、途中の経過において辛いことや

嫌なことは終わりがよければ、脳ミソは良き想い出としてずっと印象に

残るのです。ですから、モノゴトには途中経過よりも達成感を大切にしたほうが

幸せな気分になれるのです。




さて、ハッピーエンドや成功の体験というのはストーリーとしては美しくても

学ぶべき本質を見た時には決して良いことばかりではありません。

失敗した時の体験を検証し、なぜ負けたのかを検証し、それを改善していく

ほうが、実学として重みのあることなのです。

つまりは負け戦から学ぶことが重要なのです。

戦国時代の各種の合戦も負けた側から見ると何が悪いのかという本質が

見えてくるものです。関ケ原の合戦においても石田光成率いる兵士の数も

多かった西軍がなぜ負けたのかのを検証することによって見えるものがあります。

歴史に「もしも・・・」は禁句ですが、豊臣秀頼が出兵していたら・・・

西軍総大将である毛利輝元が出兵していたら・・・

歴史は違った展開になっていたかもしれません。




うさぎとかめの競争においてもなぜうさぎが負けたのかを検証すれば

本質が見えてきます。うさぎはかめに負けるはずはないという慢心から

昼寝をしてしまったことが最大の敗因であることは誰もが知る事実です。

その事実から、うさぎがすればよかったことが見えてきます。

つまりはゴールしてから寝ればよかったことですし、かめに負けるかも

しれないという危機感を常に持っていなければならないという基本を忘れなければ

よかったのです。




負け戦から学ぶことを訓練しておけば、日常に深い学びがたくさん落ちて

いるはずです。



» 負け戦から学ぶ

気合いと組織作り

どんなに優秀な経営者でも一人は一人であり、一人の力はおのずと限界が

あります。初めはひとりですべてこなせる仕事量でも事業の拡大とともに

ひとりでは仕事がこなせなくなっていきます。そうなれば、誰かに手伝って

貰わなければならなくなるのは必定です。

ひとりがふたりになった時に組織が生まれます。

早くも気を付けなければならないのが、ふたりが3人になる時に派閥が

生まれます。そのくらい、組織は大小に関わらずデリケートであり、

取り扱い方を間違えると悪影響ばかりの組織になってしまうのです。




元来、組織とは特定の目的を達成する為の集合体です。言い換えれば

目的を達成する為の組織づくりをしなければいけません。

その為に一人一人の役割を明確にして、目的と手段を間違えないように

運営することが大切です。それが出来れば、組織内の頭と手足が調和し

スムーズに目的達成までのことが出来るのです。



組織を運営するには一定の決められたルールに従って進めることが

大切なのですが、事業を立ちあげた時、窮地に陥った時、ここ一番の

勝負の時に必要なものはルールでも理屈でもなく「気合い」です。

正直、気合いで20%は結果は向上するものです。

しかしながら、気合いの効果は短期的であり、競馬でいえば「ムチ」の

ようなものです。つまり入れるタイミングを間違えれば何も好結果を生みだす

ことが出来ません。ムチが効かなくても平常時に動くことが出来るように

する為に組織づくりが非常に重要なのです。




組織を作ったことの無い、企業後継者のよくやってしまう失敗は既存の組織を

悪気なく、壊してしまうことです。もちろん、自分自身で立派な組織を一から

作ることが出来る能力のある人ならば、壊すことも選択肢の一つなのでしょうが、

組織を自分の力で構築できない人に限って破壊をしてしまうものです。

なぜならば、組織の重要性が全く解っていないからです。

一度壊れた組織を作り直すことは難しいことです。後継者が自分の目指す組織

を主張する前にまずは受け継いだ組織を分析して、受け継ぐことと改善すること

を仕分けしていくことが事業承継の第一歩です。

間違っても組織を理解していない後継者が気合いだけを入れることは禁じ手です。



» 気合いと組織作り

「結」起承転結

報告をするときの大原則は結論から述べることです。

結論をまず、伝え、それから理由を述べること。

なぜなら、報告を受ける側にとって、報告の如何によっては理由はプロセスは

どうでも良いことがあり、結論のみを聞きたいのに、長々と理由を述べられる

のは時間の無駄としか言いようがありません。

裁判所での判決においても主文(結論)を冒頭に述べてから、判決理由が

述べられます。裁判の当事者においては一刻でも早く結果を知りたいのは

当然であり、その結果は時として自身の生命までも奪われる結果なのですから、

結論は迷わないように伝えるのは大切なことです。

実際に死刑判決などの理由は一時間以上述べられることが多いのですから、

いかに結論からの述べることが重要だと思います。




人間の脳には男性脳と女性脳があります。男性脳は結論から知りたがる傾向が

あるのに対して、女性脳はストーリーやプロセスから語りだす傾向にあります。

女性のほうがドラマや小説などにはまる人が多いのは脳の影響が大きいのです。

そうは言ってもやはりビジネスの世界では結論からはっきりと述べることが

重要です。しかも、話す順番「結」起承転ではなく「結」起承転結でなければ

ならないと思います。

つまり、最初と最後に結論を言うこと。最初と最後の言っていることが同じで

なければ、そもそも報告の内容がブレていることに他ならないのです。




報告を受けるほうも、報告をするほうも「結」起承転結を意識することで、

双方の信頼感が増し、またブレない会社となっていくのです。





» 「結」起承転結