長期計画

会社の発展と成長の為には計画が必要です。

計画書を作っても思い通りにいくことのほうが少ないから無駄だという

ことを言う方もいらっしゃいますが、逆をいうと計画書があるから思い通りに

行っていないということも明確になっていくのものです。

ですから、計画というものは経営においては絶対に必要なことです。

企業にとっては大切なことは一年一年確実に利益をあげていくことですが、

一年というスパンでは結果が出せないことが多数あります。

その為に中期計画、長期計画というというものが必要になってきます。

長期計画というものは本来10年くらいのスパンでの計画書であったのですが、

近年の目まぐるしい時代の流れの中では5年くらい打倒な長さなのです。

中期計画は2年~3年、長期計画は5年~7年くらいのスパンが適切です。




社長に就任した時は自分自身のモチベーションも高く、やる気スイッチが

入った状態であれもこれもやってみたいという想いが強いものでした。

当然、目標とするべき数値も強気な設定ばかりでした。

残念ながら単年で目標が達成できなかったことが多かったのです。

しかしながら、長期計画の中では下方修正をしながらも、なんとか上昇傾向

であったのです。



事業を継承した新社長の目標やビジョンは明確に中長期的に策定しなければ

なりません。そして、単年度での目標達成よりも、中長期で達成した目標が

あればあるほど、周囲の評価は高いものになっていきます。




思えば社長に就任して12年。

最初に策定した長期目標はとっくにクリアしてきましたが、これからの時代の

長期計画は本当に策定しにくいものです。

長期計画策定で大切なものは無理な数値目標でないことと、一度決めたこと

やってやってやり抜くこと。

経営というものはとことん長期戦なのです。






» 長期計画

代表権

事業承継のゴールは「代表権」を承継することとも定義できます。

厳密には社長になることが、ゴールではなく、「代表権」を与えられた

時が事業承継のゴールとなるのです。

ところで多くの方々はこの「代表権」というものを正しく理解している

人が少ないものです。

一言で言ってしまえば、代表権とは会社を代表しての契約の締結など

の対外的な行為を行なうことができる権利のことです。

つまり、代表権が定めている法人において「代表取締役」の署名の無い

契約書というものは無効の契約書になるのです。




代表権の無い「社長」という役職は単に会社の長であるということであって

会社の最高意思の決定による執行が出来ないのです。

代表権は複数の人間が所有することが可能です。

よく、「代表取締役会長」と「代表取締役社長」の両名がいる会社において

どちらが偉いのかというクイズの設問がありますが、

答えは法律上は「対等」です。

しかし、現実にはその二人のパワーバランスで決まっていますよね。

先代が代表権をもったまま「会長」に退き、後継者に代表権を与えないまま

社長に就任させることがありますが、このような場合は事業承継という点に

おいて全く承継が完了していないと言っても良いのです。




継承者が事業を継承する時に正しく「代表権とは」ということを理解していない

状態に継承してしまうことがよくあります。

というよりも私自身も代表取締役に就任した時に本当に正しく理解していたと

いうと嘘になります。

代表取締役の責任と権限を正しく理解していないと事業承継は絶対にうまくは

いかないものですし、会社の危機において大きな過ちを犯してしまうリスクが

あるのです。


» 代表権

神頼み

本年最初のブログです。

今年もよろしくお願いします。

フューネでは1月1日朝8時に契約社員以上の役員・社員が集まり、今年初めの

朝礼並びに年頭の社長訓示を行いました。

葬儀社であるフューネにとって、会社が休むということがない以上は一年の

始まりである元旦に「仕事初め」の訓示を行うことが恒例の行事となっています。




一年の始まりであるお正月に多くの方は初詣に神社・仏閣にいきます。

今年一年が安寧な年でありますように、また経営者にとって事業がうまくいく

ようにと神頼みをすることも必要なことでしょうか。




あるデータがあります。

儲かる会社には神棚があり、逆に倒産した企業の85%は会社に神棚を祀って

いないとい数値です。

「倒産をする会社は神棚をおいていない」

という現実の数値を見てみると経営とは単に理論や理屈を並べてもうまく

いかないものであるということなのです。




もっとも神棚があるからと言って商売がうまくいくという理屈にはならないと思い

ますが、逆に言えば、神棚さえもしっかりとお祀りができない人には商売が

うまくいくはずがないとも言えるのです。

事業を承継する上でも重要なのは先祖を敬う心です。

仏壇やお墓参りを欠かさずに出来る経営者が事業を拡大していけるのです。




» 神頼み