NO1とNO2の違い

どのような組織においても、NO1とNO2の立場というものは「天と地」

ほどの差があると言われています。

社長と専務、会長と副会長などという肩書の裏に単純に一番、二番と

いう序列以上のギャップがあることはこれらの肩書のある役職を経験

したことのある方なら誰でもわかるはずです。

事業承継で大変なのは、わからない人にこのことをわからせることが

とても難しいのです。

もちろん、早く事業を承継して、NO2であった後継者がNO1になって

このことをわからせることが出来れば理想かもしれませんが、企業で

あれば、事業承継において失敗は許されるはずもなく、どうしても

事業承継に慎重になってしまうことはある程度仕方のないことでしょう。




経営者の各種団体で「長」の付く役を受けることは結果的にNO1と

NO2の違いを体験できるとても良い機会であると思うのです。

最終的に責任を負わなければならないという心理的な重圧は組織に

おけるNO1しかわからないことでしょう。




民主党政権時に行った事業仕分けで、「二番目ではダメなんですか」

という発言に多くの方が違和感を覚えたことは記憶に新しいと思います。

事業承継においてNO2は絶対にダメであり、NO2のポジションを10年

やることより、NO1のポジションを一年やったほうが、人間的な成長に

確実に繋がることは紛れもない事実です。




会社を潰さないで行う事業承継において、交代時の判断はとても難しく

そして、間違えれないから多くの経営者が頭を悩ませているのです。

» NO1とNO2の違い

情熱

多くの名経営者が事業を存続させるための秘訣として「心」の部分

が大切だと説いています。と目標まで「やりとげる」と思う心や

お客様・お取引先・社員を大切にする心は重要なことです。

そして、事業に対する熱意、すなわり事業にかける「情熱」は

特別に大切な心だと思うのです。




「念ずれば花開く」

という言葉もありますが、念じることでその想いに現実が一歩も2歩も

近づいてくるものです。

事業をしていく中で、様々な苦難に直面することになりますが、多くの

場合、これまでの経験や専門家からのアドバイスでなんとかなるものです。

しかしながら、万策尽きてどうしようもないような状況になった時こそ、

「情熱」でなんとかなることがあるものです。

経営をしていると最後は理屈ではなく、自分の熱意だと思う場面何度か

遭遇します。

結局のところ、「あきらめない」という心とやり遂げるという心。

人間はつくづく「心」の生き物なんだと思います。





» 情熱

批判と肯定

人は何かしらのアクションをすると周りの人々から何かしらの反応を

頂くことになります。

賞賛・黙認・同意・批判などなど。。。

社会的な影響力の高い人ほど、その反応は大きなものになり、

時には自分が思ってもみない評価を受けることに右往左往してしまうこと

があるものです。



組織のトップしか出来ない究極の仕事は「決断」であり、その決断に

利害関係者全員の賛同を得られることは滅多にないことであるのです。

つまり、何かしらの「批判」を受けることは当然のことであり、仕方のない

ことです。

物事がうまくいく為には「批判」に対して全くの無対応ということも何かと

問題が起きるのですが、そうかといって批判に対して過剰に反応していては

結局のところ何も出来ないのです。

「批判」を交わすことの出来る力の源は「自信」であり、自信こそが

物事を進める原動力であるのです。




事業承継後に継承者が行うことにうまくいかない原因は

「自信がない」ということであることが多々あります。

自信がないことが自分自身を窮屈にさせ、本来その人が持っているスキルが

充分に発揮されないものものです。

事業承継する時に「批判」はなかなか厄介なものです。

「先代のほうがよかった」

「昔はこうだった」

という社員の何気ない一言が自信の無い継承者にとってとても辛いことです。

事業承継がうまくいく為にはやはり、少々不満があっても「肯定」をしてあげる

ことがとても大切なことなのです。

「肯定」すなわち、相手を認めてあげることです。

事業承継は当事者だけの問題ではなく、周りの利害関係者の協力もまた

不可欠なのです。








» 批判と肯定