インプット アウトプット

一生の職業を持つことは仕事の精度を極めることであり、その仕事に

関するあらゆることを覚えて自分のものにしなければなりません。

すなわち、インプットをする能力が非常に大切であり、いくら気持ちが

勝っていても、その人が持つ能力で習熟度が変わってきてしまいます。

経営者において日々勉強であり、事業承継で世代交代をして企業の

トップになったとしても、勉強をすることから逃げることは許されない

のです。言い換えれば現役を引退するまで、インプットの連続です。




インプットはとても重要ですが、アウトプットする力はトップにおいてさらに

重要だといえます。

「伝える」力に説得性がなければならないのです。

それも、相手のレベルに合わせて言葉を変えて伝えなければなりません。

後継者の教育において、インプットすることに注力が行き、アウトプットする

ことの教育ができていないことが多いのです。




企業のトップになれば、自分自身の方向性が会社の方向性であり、

この方向性をタイムリーにいかに全関係者に理解させるかということは

トップにしか出来ない仕事なのです。

自分自身のアウトプット能力が大きく企業の業績を左右する以上、

事業承継はどちらも大切ですが、アウトプットのことを意識したほうが

うまくいくのです。






同じカテゴリー(事業承継について)の記事
 敬語 (2017-11-18 10:42)
 改革と保守 (2017-11-04 09:13)
 やめる勇気 (2017-10-17 08:58)
 人前で話す。 (2017-10-11 08:24)
 一年、一年の勝負 (2017-10-01 08:12)
 修行の必要性 (2017-09-20 08:28)

2017年10月27日
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。