会社を潰さない事業承継のポイントBlog › 事業承継について › 

キャリアアップとスキルアップ

キャリアアップとスキルアップ

事業継承において、継承者のキャリアはとかく注目されます。

前職が大手の企業でのサラリーマンであったとか、役職者で

あったことは言ってみれば、肩書であり、肩書が継承時に継承者

身を守ってくれる鎧になることもあるのです。

しかしながら、事業承継がうまくいくことの要諦はスキルアップに

尽きるのです。

継承者があれも出来ないこれも出来ないではやはり、求心力という

点においても不健全であると言えるのです。

スキルアップは本来は自社内で行うものですが、継承者のキャリアが

邪魔して自社内でのスキルアップがうまく行かないことが多々あるのです。

スキルアップとは簡単に説明すると「出来ることと増やすこと」であり、

スキルアップをしておくことが、継承者にとって絶対的に必要なことです。

スキルアップがどうして必須項目なのかというと、経営上の「不安」が

少なくなることに直結するからなのです。

誰れでもそうですが、出来ないこと自体が不安なのに、出来ないことを任せて

いた人が辞めることになれば、場合によっては事業そのものを撤退しなければ

ならないという決断に迫られます。

したがって、「本業ができない」人が、その会社を継承することは危険な行為

なのです。



キャリアは肩書であり、その人にとっても周りの人にとっても「自信そのもの」

なのですが、キャリアアップばかりを磨いている人は注意が必要であり、

企業のトップに就任してからでも、スキルアップを継承者は絶えず求めて

いかなかれば事業継承は成功にはつながらないのです。







同じカテゴリー(事業承継について)の記事
 事業承継は社長の終活 (2019-01-05 09:23)
 命がけ (2018-11-05 08:24)
 親子 (2018-10-04 08:40)
 辞めることが出来ない苦しみ (2018-09-05 09:33)
 補欠 (2018-06-05 08:32)
 利他のこころ (2018-05-12 10:06)

2018年12月05日
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。